口コミ自然派化粧品/体質改善・癒し薬紹介

トラブル肌・ニキビ肌

かゆみ赤み乾燥ジュクジュク黒ずみ傷あと…肌がトラブルを起こすのはとても不快。
あなたご自身また周りの方で、何を使っても良くならないと嘆いてらっしゃる方も多いはず。
またトラブルに悩むお肌は一日のうちでも皮膚状態が変化しやすいのも特徴と言えます。
堺中央薬品店でオススメしているリスブラン化粧品では、日々変化する繊細なトラブル肌の方のために細やかにケアできるシリーズをきめ細かくご用意させて頂いています。
患部の雑菌やアレルゲンをしっかりと除去する、乾燥をさせない、保水でバリア機能を高めておくことが大切です。
(イラスト1)
また、お肌が本来の状態を取り戻せるようにスタッフ全員がしっかりとケア指導できる研修も受けております。


かゆみ時のケア

かゆみは様々な原因がありますが、一度かゆみを起こす神経が感知すると神経はより敏感になりかゆみが増強する性質を持っています。
かゆみは原因物質の接触で感知しやすくなりますが、お風呂上りや寝る前などもかゆみが起こりやすくなります。このような時には、保水をしながら敏感に感知する神経を鎮める必要があります。アイスノンや冷タオルなどを患部にあてるとよいでしょう。
ストレスや寝不足などもかゆみを増強させますので、養生はしっかり行ってください。

・ケア商品紹介
NONEシリーズ
夜間眠れない・日中もかゆい場合は、癒し薬の併用をオススメします。


赤み時のケア

赤みは毛細血管の膨張から起こり、皮膚を透き通して赤みとして確認されます。
主に炎症時、原因物質と接触した時、ストレスで自律神経が乱れている時などに症状として起こりやすいといえるでしょう。
赤みだけやゆみを伴うなどのケアは、血管の膨張やリンパ液の滲出、過敏になりすぎている神経を鎮めることが大切です。
このような場合は、ケアをしながらアイスノンや冷タオルなどを患部にあてるとよいでしょう。また、ストレスや寝不足、また食養生が大切。
これらが乱れると赤みを増強させますので、養生はしっかり行ってください。

・ケア商品紹介
NONEシリーズ
赤みが強い場合には、ホルモンのバランスなどにもかかわる場合があります。
癒し薬を併用されると症状が楽になります。


ジュクジュク時のケア商品紹介

ジュクジュクは、雑菌やアレルゲンが患部に接触することによって起こります。 バリア機能が低下している皮膚から雑菌やアレルゲンが侵入しようとするのを 免疫機能が働き、様々な外敵を体内に侵入させまいと身を守るためにリンパ液を集め 侵入を防御しているのです。これは生命の防御反応です。 悪化している様に見えますが必要な働きです。 ジュクジュク期は、とにかく雑菌やアレルゲンを取り除くことに徹底します。 また、皮膚のバリア機能が低下していますからケアを徹底してバリア機能を高めるために、保水と保護膜をつくることも大切です。

・ケア商品紹介
NONEシリーズ
ジュクジュクを早く改善させる場合には、癒し薬を併用されると症状が楽になります。


傷あと・黒ずみがきになる時のケア商品紹介

ニキビやトラブルのあとは気になるものですよね。 傷のあとは、皮膚の新陳代謝が著しく低下していると考えます。  角質をしっかり取り除き、新しい元気な皮膚の新陳代謝を起こすことにより  跡形や黒ずみはきれいに改善されます。

・ケア商品紹介
カルシウムライン 

カルシウムライン

アエヴィシリーズ 

タシュノン

リスブラン化粧品は、肌のメカニズムを研究し生体により近い特許水PWSを使用していますので、肌が持つ本来の美しさが戻ってきます。
お悩みの方、是非ご相談下さい。
また、症状をおきかせいただいた上でサンプル送付もさせて頂いております。
お気軽にお問い合わせください。


<トラブル肌 症例>10年来のステロイドが…

Tさん 年齢34歳
10年前に、乳首のかぶれから全身の乾燥掻痒に悩み皮膚科を受診。
ステロイドを処方され、ステロイドの使用方法・効果・副作用の説明を 受けないまま10年使用。
ステロイドをやめようと様々な病院を回り試みるがリバウンドのケア対応を してくれる病院がなく相談来店。
左頬・乳房・腹部・両腕・両足に至る極度の炎症で相談来店。

 

○ご相談初日  生活状況や薬暦を中心に聴く

食事状態 甘いもの・暴飲暴食
生活パターン 睡眠不足・仕事上でのストレス
薬暦 ケア方法がわからず、とにかくかゆみをしのぐために ステロイド
(ベリーストロング→1番強い成分)を毎日塗布
特に気になった点です。

まず、ステロイドを10年も使用していることから皮膚が乾燥 皮膚自体の回復能力が低下していることを確認。
食事を玄米食、乳製品を控え、肉類の摂取も週1回程度にするご提案。
睡眠は時間よりも短くてもしっかり眠れるよう様にして頂く。

ケア用品 PWSウオッシュ・ジネン・鎮静・NONEローションマイルド
アリメント・シノビア・NONEバスソルト
一般のシャンプーによる界面活性剤で荒れていることも考慮し めどきシャンプーを使用してもらう。
服用薬 漢方薬(症状に応じて変えていく)、タンポポ茶
病院からの抗ヒスタミン剤
1ヶ月後… 食事の改善、ケアをすすめると回復反応として広範囲に 炎症が起こる。Tさんに本当に治るか…と不安がよぎる。
2ヶ月後… 炎症が沈み、かさぶたができはじめる。
回復力にご自分でもびっくりされる。
3ヶ月後… 乾燥も落ち着き、完治に近い回復が見られる。
ケアの違いでここまで改善できるのか!!とびっくりされる。

Tさんは、ケア指導をしっかり受け生活改善も含め、徹底して取り組まれました。 また同時に漢方の服用も一生懸命続けられました。
回復期に見えた炎症反応は、ご本には非常につらい時期でしたが乗り切られました。
10年ステロイド使用されていたことを考えると、私達が予想していたより 遥かに早い回復でした。
ステロイドによる黒ずみ(色素沈着)を最後まで気にされていましたが、きれいな肌の 回復を感じ安心できたので、リスブラン化粧品でケアする必要と養生の大切さを 感じてらっしゃいました。

スタッフの一言
Tさんも実感され、私達も日々皆様の相談やケア指導で実感していることですが リスブラン製品をきちんと使用されケア改善された方は、あとかたや黒ずみがなく きれいに改善されるこということです。 ただ治すだけでないのがリスブラン化粧品の優れたケア、堺中央薬品店でのケア指導だと自身をもっていえます。